Instagram

岩国市で新築一戸建ての家を建てるならネストハウス

0827-63-1681
0827-63-1681
定休日 毎週水曜 営業時間 10:00〜17:30
山口県岩国市由宇町3915番地
  • トップページ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • 来場予約はこちら
  • 資料請求はこちら
HOME > BLOG > 910mm,1820mm,2730mm

910mm,1820mm,2730mm

LINEで送る

こんにちは工務石川です。

さてさて、今日は梅雨のジメジメした気温に
更なる追い打ちをかける数字のお勉強です。

タイトルの寸法ってなんだか分かりますか?

 

お家の間取りを考える上で必要になってくる“モジュール”というものです。

Fotolia_29376598_S

弊社では910mmモジュールを基本としてお家造りをしています。
これを倍々にしていくとタイトルの寸法になるわけです。

ではなぜ910mmなのか?

それは昔の人々が“尺=303mm”という単位を使ってたことに由来します。

sim

尺とは人の体を基準とした単位・・・

例えば、人が寝転がる畳は1畳が910×1820
2人で寝転がれば2畳で1820×1820

これが1坪。

2824311326_13959c9091_z

細かく言うと、手の親指と人差し指を広げて計ると約15cm
これはさいほうの基準で

“あた”。

IMG_5928

これを2倍にすれば尺となります。
あたを10倍にすると

“つえ”

昔の人の平均身長150cmになります

これに1尺余裕を持たせて6尺×6尺=1820mm×1820mm(1間角)
1坪となるわけです。
1間=1820mm=6尺
1尺=303mm=10寸
1寸=30.3mm=10分
1分=3.03mm

 

家を建てる為に必要な材料の多くもこの尺モジュ-ルが採用されています。
木造軸組み工法でよく使われている柱も105mm角(3寸5分)
壁に貼る石膏ボードも910×1820 厚みは12.5mm(4分)

 

あの無◯良品さんもモジュールを採用しています。
910mmから少し小さい860mm。これが無◯良品さんの基準寸法だそうです。
で、ここからが本題です。

IMG_8383
910mmモジュールに柱を立てて、石膏ボードを貼ると、

910-105-12.5×2=780

となります。
弊社のオリジナル巾木(足元の見切材)が7mm厚で

766mm

 

 

合いません。

 

 

倍の1820だと、

1820-105-12.5×2=1690

1690-14=1676
830mmのパイン材チェスト2台であと16mm(^o^;

これが既製品の限界といったところでしょうか・・・。

欲を言えば、私個人的にはステンのユニットシェルフが好きなのですが・・・

4934761179070_10_400
シェルフ内はぴっちり収まるのに・・・
ん~、しっくりこない。
仕事柄でしょうか。。。ぴっちり収まるものに美を感じてしまいます

寸法を自由に決めれるオリジナル造作ってやっぱり良いですね。

IMG_8719

ああ、お空が青いなぁ。。。

涼しくなった所でおわりにしましょう。

ではでは

 

 

 

 

 

 

pagetop
来場予約
来場予約 | 岩国市で住宅展示場を見るならネストハウス
施工エリア
[主な施工エリア]
岩国市・和木町・大竹市・柳井市・田布施町・平生町・周防大島町・光市・周南市・下松市・廿日市市など
施工エリア | 岩国市で新築一戸建てならネストハウス