Instagram

岩国市で新築一戸建ての家を建てるならネストハウス

0827-63-1681
0827-63-1681
定休日 毎週水曜 営業時間 10:00〜17:30
山口県岩国市由宇町3915番地
  • トップページ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • 来場予約はこちら
  • 資料請求はこちら
HOME > BLOG > 日常の現場

日常の現場

LINEで送る

いつもブログをご覧いただき有難うございます。ショールームの小木本です。
川下町のK様邸は、完成というゴールがちらりと見えてきました。
木工事が終わり、「おっ、バッチリ綺麗にできましたねー。」ってここまでが、大工さん。
そのあと、「パテして、天井クロス貼っておくよ。」と言ってクロス屋さんがバトンタッチします。
それから、電気屋さんが、ダウンライトの穴を開けたり配線工事をしてくれたりします。
左官屋さんがホタテ漆喰を塗る前に、内部のタイル貼り工事が入ります。
今、K様邸は、タイル工事の真っ最中。
「よっしゃ、次は俺の仕事だー」と言って、(言わないか(笑))エクステリア大門の夏目さんが仕事をしていました。
造作洗面化粧台のタイルを施工しています。

←とってもかわいいタイルでーす☆

「このタイルは初めてじゃねえ。タイルシートの糊がくっついとるけーカットしたら削らんといけん。難しいの~」
とか言いながらも色々と考えながら綺麗に貼ってくれていました。

←キッチンカウンターのタイルもいい感じ☆

夏目さんは、とーっても優しくて現場に行くたびに私、癒されています。ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

昨年の業者忘年会では、業者MVPに輝いたのです。★★★
いつも内部、外部のタイル工事を丁寧に施工してくれて有難うございます。
口に出す人、出さない人と色々いらっしゃいますが、実はどのお客様もすごく職人さんを見ています。
ネストハウスの職人さんは、仕事はもちろんですが、言葉遣い、立ち振る舞い等とても素晴らしいと思います。

内部の工事をするだけでもこれだけの職種の人が関わってくれています。
私達にとっての工事現場っていうのは本当にいつもの日常的な光景の一つにすぎないのですが
現場に行くと、改めてチームワークの素晴らしさをを認識したりします。

この時期の現場は、とても寒いです。が、社長がスタッフの新しいジャンバーを用意してくれました。∩(´∀`)∩ワァイ♪
とても暖かいです。全員お揃いですよ。☆

←津和野への初詣でも大活躍。

これを着て現場の寒さをしのぎます。男性用なので私は、ブカブカですが・・・(笑)(・ω<) テヘペロ
そんな感じで、お仕事ドライブは意外と快適だったりします。

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*++*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。

《本日のおまけコーナー》

西日本のスキーヤーの聖地!?とも言われる、鳥取県の大山スキー場(だいせんホワイトリゾート)に行って来ました。
海が見えるスキー場です。この日は、最高のスキー日和でした。

4カ所のスキー場があり、私はここへ来たら国際スキー場メインで滑っていますが、
全コース制覇してスキーを満喫して帰りました。

頂上はコブコブの世界。でも景色は最高でーす。♪

さて問題です。
私はいったい何をしているのでしょーか?

決して、休憩している訳でも、遊んでいるわけでもありませーん。

大山には珍しく、「天気もいいし新雪で最高だよ~♪」と思いながら小回りで滑っていたら、
バランスを崩して小枝に激突の巻でした。
「お雪にはまってさあ大変♪」状態にになっちゃいました。
大笑いされながらも何とか脱出できましたが・・・。
でも、雪がフワフワで転んでも気持ちよかったですよ・・・
たまには、こんなこともありまーす。(´つω・`)シュン

また、竹内から「おまけがメインになっとる!」と言われそうな予感がしますが・・・

以上、いつも自虐ネタの多い小木本でした。

pagetop
来場予約
来場予約 | 岩国市で住宅展示場を見るならネストハウス
施工エリア
[主な施工エリア]
岩国市・和木町・大竹市・柳井市・田布施町・平生町・周防大島町・光市・周南市・下松市・廿日市市など
施工エリア | 岩国市で新築一戸建てならネストハウス